ハウスミュージックのおすすめと日本人女性ボーカルの傑作をご紹介

早くも梅雨の足音が近づいてきて、不穏な感じがします。

個人的には余り好きな時期ではないですが、こんな時はテンション高い曲でも聴いて

ジメッとした憂鬱な感じを吹き飛ばしたいですね!

そんな時にピッタリなのが、ハウスミュージックでしょう!

私もハウスは好きな音楽ジャンルなので、幾つか好きな曲があります。

そこで今回は、ハウスミュージックのおすすめ日本人女性ボーカルの傑作をご紹介したいと思います。

ハウスミュージックのおすすめと日本人女性ボーカルの傑作をご紹介

ハウスミュージックのおすすめ①Crystal Waters ♪Gypsy Woman (She’s Homeless)

ハウスミュージックのおすすめ①は、Crystal Waters ♪Gypsy Woman (She’s Homeless)です。

かなり昔の曲ですが、当時かなり流行りましたね!

知っている人は知っている、知らない人は覚えてね。

私自身、Crystal Waters は結構好きで、渋谷の確かクアトロで行われた来日ライブを見に行きました!

Crystal Waters の歌も凄かったですが、バックダンサーがめちゃカッコ良かったのを覚えています。

何だろ?当時のハウスダンサーではなくて、バレエをメインで踊っててハウスも踊れます的なダンサーで、ターンが軸がぶれずない美しさがあって見とれてしまった事を思い出します。

最近、ハウスダンサーってどうなってるんでしょうね?

話が逸れました。Crystal Waters はこのヒット曲の後もスマッシュヒットを連発しました。

このPVのバックダンサーもカッコ良いですね!!

elite forceでしょうか?

ハウスミュージックのおすすめ②Groove Collective ♪Watchugot [‘Little’ Louie Vega Alternate Vocal RMX]

ハウスミュージックのおすすめ②は、Groove Collective の♪ Watchugot [‘Little’ Louie Vega Alternate Vocal RMX]です。

Groove Collective の♪ Watchugot はレコード店でジャケ買いして、大成功でした。

シングルなので恐らくCDなどではリリースされていないでしょうから、レコードでしか見られないクリエイティブなのかもしれません。

またレコードだと、いろいろなリミックスがあって、その曲を様々なバージョンで楽しめるというのが大きなメリットだと思います。

またジャケットを手にもって、ジャケットのデザインを楽しんだり、所有感があるというのも、昨今のレコード人気の一つの要因なのかも知れませんね!

個人的には、このGroove Collective の♪ Watchugot のミックスでは‘Little’ Louie Vega Alternate Vocal RMX]がおすすめです!

因みに、レコードでの表記は、alternate vocal mixとなっています。

イントロの女性ボーカルから、トランペットのラインが鳥肌モノですね!

素晴らしいハウスミュージックの傑作だと思います。

ハウスミュージックのおすすめ③Underground Solution ♪Luv Dancin (Extended Vocal Remix)

ハウスミュージックのおすすめUnderground Solution ♪ Luv Dancin (Extended Vocal Remix)です。

こちらもかなり昔のディープハウスですが、今聴いても素晴らしい一曲だと感じます。

それはstrictly rhythmらしい低音の効いた音と、女性ボーカルの歌い回しが見事にマッチした傑作です。

こういう深くてカッコいいディープハウスが今から28年も前に作られていた事に驚きです。

女性ボーカルは私の記憶が確かなら、たしか「jasmin」だったと思います。

セクシーなこの女性ボーカルがこの曲の一つの醍醐味ではないでしょうか?

ハウスミュージックのおすすめ④Barbara Tucker ♪ I Get Lifted (Underground Network mix)

ハウスミュージックのおすすめ④は、Barbara Tucker の♪ I Get Lifted (Underground Network mix)です。

バーバラタッカーもこのI Get Lifted関連のレコードは3枚持っています。

I Get Liftedはけっこう売れた様で、いろいろなリミックスがあります。

その中でも、おすすめなのがこのUnderground Network mixです。

女性ボーカルと曲とのバランスと感情が一致していて、一番クオリティーが高いと思っています。

ピッチも速すぎず、遅すぎずちょうどいいですね。

Barbara Tuckerは類い希なる才能だと思います!

ハウスミュージック 日本人女性ボーカルの傑作 AK ♪Say That You Love Me

ハウスミュージック 日本人女性ボーカルの傑作としてご紹介するのは、おなじみAKの♪ Say That You Love Meです。

AKとは、柿原朱美(かきはら あけみ)さんの事で、広島県の福山市のご出身です。

もともと日本では柿原朱美名義でCDをリリースしていましたが、NYに移り住んでからはAKというアーティスト名で活動されています。

日本では、今井美樹さんに曲を提供されたりしていました。

この曲はレコードで購入していますが、店内で流れていて即買いしました!

ハウスミュージックのおすすめ

レーベルはking streetなのですね!

日本では東芝EMIからユニバーサル所属となっています。

イントロ数秒で「買い!」でしたね!

良い曲は数秒でそれと分かります。

AKの♪ Say That You Love Meと言われて、この動画をご紹介しない訳にはいきません。

AKがお台場にNYの一流DJ達を引き連れて凱旋したライブです。

「happy wedding!」とか「おめでとう!」という声が多く聞かれますが、AKは2008年にNYのハウスDJのダニー・クリビットと結婚していて、彼と今回一緒に凱旋したライブだからです。

男女問わずファンに愛を届けて愛されるアーティストは、やはり人生に於いても男性に愛されるのですね!

そしてAKを紹介したら、柿原朱美のこの曲もご紹介せずにはいられません。

♪空に近い週末です。

今井美樹さんもこの曲を歌っています。

柿原朱美さんの普段のしゃべりの声も今井美樹さんに似ているとこの動画を見ていると感じます。

週末ゆっくりしたいときに聴きたい曲ですね!

ハウスも歌えて、こんな心を取り戻す曲も歌えるなんて、やっぱAKこと柿原朱美さんはやはり素晴らしいシンガーソングライターでありボーカリストだと思います。

♫見上げた空が近い 不思議ね 空が近い♫

ハウスミュージックのおすすめと日本人女性ボーカルの傑作まとめ

ハウスミュージックのおすすめと日本人女性ボーカルの傑作をご紹介してきましたが、如何でしたか?

ハウスも奥が深くて、もとはシカゴでしょうが、NYがやっぱ良い曲が多い印象です。

折りに触れて、またハウスミュージックのおすすめをご紹介したいと思います!

♬初夏らしい曲でちょっと一息(^^♪
Twitterボタン
ツイッターやってますので、フォロー
お願いします!
上の画像クリックでツイッターページへ
飛びます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする